暁星の趙顕俊会長,重工業部門の実績を上げESS 事業が対前年同期比10倍に成長

2018-10-22 16:55 출처: Hyosung (코스피 004800)

ソウル--(뉴스와이어) 2018년 10월 22일 -- 趙顕俊(チョ·ヒョンジュン)会長は収益性の高いプロジェクトを選別受注する戦略によって暁星重工業事業を復活させた。2012年には赤字が数千億ウォン台に達していたが、2015年は1,500億ウォン台の黒字に転じ、趙顕俊(チョ·ヒョンジュン)会長の経営戦略が有効であったと評価されている。

趙顕俊(チョ·ヒョンジュン)会長は製品不良が直ちに製作原価を上げることになり、赤字幅を拡大させる決定的な要因であると判断して厳格な品質管理を強調した。これによって収益性の改善はもちろんのこと顧客の信頼を確保することにもつながった。

特に、今年はESS(Energy Storage System)事業が爆発的な成長の勢いを示している。暁星重工業のESS事業部門は上半期の売上が対前年同期比10倍近くに増加し、1,500億ウォンを達成した。前年度総売上高の700億ウォンに比べて2倍を上回る数値である。今年のESS売上額は対前年比4倍近い成長となり2,700億ウォン台と予想される。

ESSは大容量のエネルギー貯蔵装置であり、発電量が可変する新再生可能エネルギーを安定して使用するためには必須な設備である。電力供給の不安解消及び新再生可能エネルギーを拡大する政策によって最近需要が急激に増えている。

趙顕俊(チョ·ヒョンジュン)会長はESS市場が再生可能エネルギー政策によって速く成長することを見込んで、国内ESS市場において確固としたリーディング企業となるように基盤を固めてきた。暁星重工業は35年以上蓄積された重電機器技術力と電力系統の運用ノウハウを土台として国内送配電分野において最先端の地位を占めている。同社は技術力と安全性が認められて、2017年までに市場の30%以上となる合計340MWhのESSを供給して、国内ESS業社中で1位の地位を確立した。

趙顕俊(チョ·ヒョンジュン)会長は‘数年間蓄積してきた卓越した技術力を土台として、暁星重工業はこれからグローバルトップクラスのエネルギーソリューションプロバイダーに生まれ変わる’と述べ‘既存の重電機器やESS、スマートグリッドなど新再生可能エネルギー事業のグローバル市場への進出及びシェア拡大によって新しい成長の足掛かりを準備する’と発表した。

이 뉴스는 기업·기관·단체가 뉴스와이어를 통해 배포한 보도자료입니다. 배포 안내 >
뉴스와이어 제공